2017.05.1806:53

 気になる前歯の隙間を治す方法には、矯正治療や歯を削って陶器の冠を被せる方法などがあります。

 適切に行えば大変きれいに治り、かつ長持ちもします。ただ欠点は時間がかかるという事、そして費用です。

 しかし、ダイレクトボンディング治療といって、特殊な樹脂により隙間をうめる方法ならば、たった二回で治すことができます。

 初回はカウンセリングを受けていただき、治療を受けることを承諾していただけたら、前準備として、お口の写真と歯の型をとります。

 そして二回目の来院で隙間をきれいに治します。これでほとんどの患者さんは満足されます。

 したがって、二度の来院で見た目を改善することが可能です。

 

 ただ、きれいさを保つためにはもう一度来院していただき、仕上げ磨きを行います。

(これをしないと、詰め物と歯の細かな段差に黒ずみがつきやすくなります。)

 

 そしてダイレクトボンディング治療は矯正や歯に白い冠を被せる治療に比べて、はるかに治療費を抑えることができます。

 

 

2017051806514939087.jpg

 

コメント(0)ここをクリックしてご感想をお願いします Trackback (0)
Trackback URL
ボットからトラックバックURLを保護しています